羽の無いタイプ

 

 

最近の扇風機では驚きのタイプも登場するようになってきました。小型の扇風機の一種で「羽のない扇風機」が登場しました。このタイプは直接、電力からモーターで風を吸い取って吐き出すタイプになっており、ほとんど音がしないのが特徴になっています。風には特段、クーラーのように冷気を送る力はありませんが、スポットに直接、風を当てて涼むことができるため、小型ということもありオフィスなどで使うときに人気があります。
価格帯は1000円程度から高いものでも3000円程度で、メーカーによって作りやデザインが異なり、特に大きさは筒用の中心部分から風を送り出しているだけに仕様がずいぶんと違うので、どういうものが使いやすいのか場所や用途によって選ぶとよいでしょう。コンセントがUSBアダプタになっており、デスクワークのときに使いやすいように工夫されているタイプもあるので、用途とあわせて使えるようにしておくと、非常に静かで使い勝手がよいことが特徴です。いろいろな用途と合わせて活用できることなど、汎用性が高いことが特徴で、風を送りだすことによって自然な冷房を期待することができるので、ぜひ、扇風機の音が気になる人は羽のないタイプを試してみてはいかがでしょうか。

Comments are closed.